スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

110227.jpg

気に入って、2枚目作りました。
母に・・・。

感想は、聞いていません。
怖くて聞けない。><

母には小心者の私です。

いくつになっても私は娘。
この年でも、怒られてますから・・・。
だから、母の感想を聞くのが1番怖い。
でも、認められたくて懲りずにプレゼントしてます。(笑)

生地はちりめん風。

1102271.jpg

画像より、良い色。
私の好きな色です。

軽くて、程よく体のラインに馴染む。
同じ生地の色違いで自分用にも欲しい。

今回は1時間ぐらいで縫えました。

ちょっとずつ進歩。

woopee*通信

でも、洋服作りはしばらくオアズケ!
始めたばかりの教室も新規受付をしばらく終了させていただきます。

sizuokatedukuri.jpg


昨日、「ARTS&CRAFT静岡手創り市」の参加者の発表があり
4月9日(土)4月10日(日)の2日間、
参加させていただけることに。

前回より応募者が多数と聞いていたので
ドキドキして待っていましたが、
前回同様「dearly」の名前を見つけたとき
本当に嬉しかった♪
大興奮でしたよ。

4月は作品展もあるので
エンジンをかけていかねば!

そして、もう1つお知らせが。

Rubanさんに、作品を置いていただいていましたが
今月で終了させていただきました。

お買い上げくださった方、
店主様、
本当にありがとうございました。
良いご縁でした。^^
スポンサーサイト

1102262.jpg

お菓子の家、作りました。
子供達が・・・。

私から一言、「疲れた。><」

こちら、無印のキットなの。
クリスマス用だったんだけど、今年になってセール価格100円でした。

いろいろなサイトで見ていたので、1度作ってみたかったし、
型があれば、何度でも作れると安易な考えで買ったの。
来年のクリスマスまでは待てないので
「大好きなおじいちゃんの為にバレンタインに作ったら?」と言ったら
2人とも大喜び♪

ちょっと遅れたけど昨日、作る日に。
前日から2人ともワクワク。
当日も、朝から私を待ってる。
重い腰を上げて、箱を開けて説明書を読んで後悔した。

「なんじゃ、こりゃー!」

生地を作って、紙を切って、それを生地に置いてナイフで切り抜き、
焼いてパーツを作って組み立てる。

細かいパーツがいっぱい。

紙を切って型紙を作るだけでも大変。
もう、クラクラですが
そこは工作が得意な長女。

丁寧に時間をかけて切り抜いていました。
その間に、次女が生地作り。
私が助手になり、ほとんど1人で混ぜ混ぜ、コネコネ。

1102265.jpg

その後も、2人で。
私は、監視係り。

きっと、私が作ったら早いのかもしれないけど
見守り続ける事何時間。

110226.jpg

パーツも1度に焼けないので、4回ぐらいに分けたんだけど
部屋中に良い匂い。

そこからが、大変。
これだけ頑張ってる次女も、やっぱり4歳。
目の前に、自分の作ったクッキーがあると我慢できないらしい。

ちょっと目を離すと、パーツを本気で食べようとしてるの。
ドアとか、窓とか、最後は屋根まで・・・。
その度に、「ダメ!」って言うのですが
いっぱいあるパーツ、1個ぐらい大丈夫でしょって感じ。

でも、2人で頑張って完成させました。

「出来た~!」

私、この時はクタクタでした。
子供に「やらせる」って、予想以上に大変だよね。
でも、良く最後まで頑張ったと思う。

ご褒美に余った生地で、おやつ作り。

1102261.jpg

ここでも、お姉ちゃんはお家を作ってた。
これ可愛い~♪

ちなみに、次女はミミズ。
(画像右下)

性格がでるね。
型が欲しくて買ってみたが、再度作る事はあるのかな?

また作りたいか、子供達に聞く勇気がなかった。
答えがちょっと怖い。><
覚悟して付き合わなければ!

100415.jpg

上質なリネンに、アンティークのクロッシュレースがお気に入り。
このイメージでミニマット(コースター)をたくさん作っています。

ポイントは、やっぱり上質なリネン。

生地で、作品の出来が全然違う。
使い込むと、もっと違いが分かる。

お洋服でも
良いリネンは着れば着るほど体に馴染み、柔らかくなってくけど
悪いリネンはゴワゴワしてくる。

小物でも使えば使うほど、良いものになって欲しい。
どんどん使いたくなるような作品が出来れば!
日々、修行です。

さて、パパが帰ってきました。
パパの出張中は長女ちゃん、何も無かったけど
彼女の行動、言動が「サザエさんのカツオ君」に見えてきた。

私がサザエさんです。
今、サザエさんの気持ちが良く分かる。

本当に、毎日毎日ビックリする。

今日も、漢字の宿題を「正解か見て!」というので
「ここが間違ってるよ」って言ったら
「え~、ママ知らないの?
 これで良いんだよ、パパも先生もこの線はでないって言ったモン」と鼻高々。

「聞く」って漢字も中は「耳」じゃないんだよね。
そんな事もあるから、
「だったら確認するから教科書見せて」って見たら、私が正解だった。

そしたら、彼女なんて言ったと思う。


真顔で「あッ!教科書も違う!」だって。


私は「えええええええええええ!!!!!」


「違う、違う、あなたが間違ってるのよ!(T-T)」

このエピソードを聞いたパパは、大爆笑。
パパは優しいマスオさんだ。
Categories
Search
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
Recent Entries
Twitter...A

Twitter < > Reload

Recent Comments
Translation
...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。